里芋で作る離乳食

このエントリーをはてなブックマークに追加   

里芋の離乳食
初期・中期・後期のおすすめの離乳食

里芋を使って離乳食を作ろう!
初期・中期・後期の注意点とは?

赤ちゃんは、生後5ヶ月〜6ヶ月程になると初期の離乳食が始まりますよね。
食物繊維が多く栄養価の高い里芋は、離乳食として使ってもいいのでしょうか?
初期・中期・後期の離乳食は短いスパンなのですが、それぞれ特徴があり、正しい調理法があります。

誤った調理法で離乳食を与えると、赤ちゃんの喉につかえてしまいます。
どのように作り分ければいいのでしょうか?

スポンサーリンク

離乳食を与える前に気をつける事とは?


里芋を離乳食で使う場合の注意点は、里芋アレルギーです。
赤ちゃんは、大人より敏感肌でちょっとした刺激物にもアレルギー反応を起こす場合があります。

里芋を使った離乳食を与えて、赤ちゃんの口回りがかぶれてしまったり、皮膚に湿疹が出た場合はすぐに与えるのを止め、小児科などに受診させてください。

初期の離乳食のポイントとはなんでしょうか?

初期の離乳食は、生後5ヶ月〜6ヶ月の間を指します。
この時期は、とにかく柔かい離乳食を作るように心掛けましょう。

  1. 里芋の皮を剥き、レンジか熱湯で身がトロトロになるまで温めましょう。
  2. ボウルに里芋を入れ、伸ばし棒などで完全にすり潰します。
  3. その上にさらにぬるま湯を掛けて、ほぼ液状に仕上げましょう。
  4. 熱さに十分気をつけたら、初期の離乳食の完成です。

スポンサーリンク

中期の離乳食は味を少し加えてもOK!

中期の離乳食は、生後7ヶ月〜8ヶ月目です。
この頃の赤ちゃんは、少しだけ顎の力が出てくるので、すり潰しただけの里芋を食べれるくらいになります。
ただし、個人差があるので、ぬるま湯で柔らかさを調整して与えるようにしましょう。

また、中期の赤ちゃんには、味のあるものを与えても構いません。
ぬるま湯の代わりにだし汁などを使用すると、沢山食べてくれるかもしれません。

後期・完了期の離乳食とは?
大人でも食べられるレシピです。

後期の離乳食は、生後9ヶ月〜11ヶ月を迎えた赤ちゃんに与える食事です。

後期の里芋を使った離乳食レシピは「おやき」などが挙げられます。
おやきは、里芋をマッシュして円状に整えた後、フライパンで両面焼けば完成です。

赤ちゃんに与える際は食べやすい大きさにカットしてあげましょう。

このレシピは、完了期(1歳〜1歳半)にも使えるので、沢山作って冷凍保存するのもおすすめです。
おやきのアレンジ法は、シラスを混ぜたり、青海苔を混ぜたりすると美味しく仕上がります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加