里芋の芽

このエントリーをはてなブックマークに追加   

里芋の芽って食べれるの?
毒があるって本当??

ニョキっと伸びた里芋の芽。
食べれるのでしょうか?

野菜に多く見られる「芽が生えてくる」という現象。
野菜は生命力が強いので、収穫された後も成長を続けます。
この成長により、芽が伸びたり、葉を付けたりするのです。
里芋も長く保存したりすると芽が生えてくることがあります。

芋類の芽は毒になることもあるのですが、里芋の芽は毒なのでしょうか?
それとも食べれるのでしょうか?
今回は、里芋の芽について解説します。

スポンサーリンク

芽の危険性。里芋は大丈夫なのでしょうか?


芽が出る芋類といえば、「ジャガイモ」が挙げられると思います。

ジャガイモの芽は、
  • ソラニン
  • チャコニン
という成分を含有しており、これらは自然毒と言われ、食べると吐き気や下痢などを引き起こします。

里芋は、ジャガイモと同じ芋類なのですが、芽の部分には毒素はありません。

しかし、放っておくとどんどん伸びてしまう里芋の芽は食用なのでしょうか?

里芋の芽に毒は無し?
食べられる・食べられないどっち?

ジャガイモの芽に強力な毒素があるので、芋類の芽に抵抗がある人も多いと思います。

里芋の芽は、毒があるどころか、美味しく食べることが出来るんです!
千葉県では割とよく食べられる食材で、様々なレシピにもなっています。

また、里芋の芽は成長した大きさによって呼び方や味が変わります。
里芋の芽の名前や、味などを紹介します。

スポンサーリンク

どっちが根芋?
根芋とズイキの違いとは何でしょうか?

里芋の親芋だけを発泡スチロールやオガクズなどと一緒に埋め、芽を伸ばします。
その芽は、千葉県の特産品で「根芋」と呼ばれています。

また、さらに芽を成長させると「ズイキ」と呼ばれます。
この二つの食材はあまり生産されていないので、入手困難な食材です。
千葉県の和食料理屋や、都内の高級割烹などで食べる事が出来ます。

里芋の芽を食べられる時期は?
またレシピも紹介します。

ズイキや根芋は食べれるのですが、下処理を忘れずに行いましょう。
里芋と同様、痒み成分を含有しているので湯通ししてから食べるようにして下さい。

また、根芋やズイキの食べれる時期は限られており、根芋は1月〜4月頃、ズイキは6月〜9月頃に収穫時期を迎えます。
根芋に比べ、ズイキの方が手に入りやすいので、ズイキを使ったレシピを紹介します。

ズイキのきんぴら

材料

  • ズイキ...50g(5cmにカット)
  • 人参...半分(細切り)

<調味料>
  • 麺つゆ...150cc
  • 日本酒...50cc
  • ごま油...適量
  • 煎りゴマ...適量

作り方

  1. ズイキを鍋で煮てアクを取ります。水気を切ったら
  2. フライパンで人参と一緒に炒めましょう。
  3. ズイキと人参に熱が入ったら、調味料を入れて混ぜ合わせたら完成です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加