里芋の栄養

このエントリーをはてなブックマークに追加   

里芋の栄養
ぬめりにはどんな栄養価があるのか?

里芋の代表的な栄養とは?
また、ぬめりの正体は?

里芋の栄養価で注目したいのは、「たんぱく質」です。
今も昔も里芋のたんぱく質は、空腹時・エネルギー不足を補う貴重な栄養源となります。

この栄養価は、芋類全てに当てはまるのですが、里芋には特有の栄養があります。
それは里芋の「ぬめり」です。
里芋のぬめりは、様々な栄養が一体化となって出来たものです。

今回は、里芋の栄養・ぬめりの栄養価を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

たんぱく質量とは?
たんぱく質ってどんな栄養?


たんぱく質は、三大栄養素の一つに数えられ、体の成長や体力維持に大きく影響します。

たんぱく質は、
  • 動物性
  • 植物性
に分けられますが、ダイエットをしている人には、脂質の少ない植物性のたんぱく質が良いとされています。
里芋に含まれるたんぱく質は、100g中1.5g、脂質は0.1gほどと少なく、ダイエット食としては理想的な食材になります。

カリウムの栄養価って?
どんな人に必要なのでしょうか?

里芋に含まれる豊富な栄養素は、「カリウム」です。
里芋に含まれるカリウムの量は、100gあたり約550mgも含まれており、野菜の中でもトップクラスの含有量になります。

カリウムは、血圧を正常にし、筋肉の運動を柔軟にする栄養価があります。

また、カリウムは妊婦さんにもおすすめの栄養と言われています。
妊婦さんは、健康な母体を維持するために塩分を控えなければいけません。
カリウムは、余分な塩分を排出する働きがあるので、塩分を摂り過ぎてしまった妊婦さんは里芋を食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

ぬめりに隠された高い栄養価を紹介します。

里芋のぬめりの正体は、
  • 「ガラクタン」
  • 「ムチン」
という成分です。

ガラクタンは、脳を活性化させる効果やコレステロール値を下げる効果があり、肥満や脳梗塞などの病気も未然に防ぐ効果があるのです。

また、ムチンはたんぱく質の吸収を高める効果があるので、筋トレをしている人には欠かせない栄養素になります。

「ガラクタン」と「ムチン」のぬめりは、胃腸の粘膜にもなるので、荒れた胃による慢性胃炎などを防止する効果もあるのです。

栄養価を効率よく取る知識あれこれ。

栄養豊富の里芋も冷凍する際は気をつけてください。
里芋は、冷凍される過程で栄養が溶け出す事があるのです。
これを防ぐには、「瞬間冷凍」にするか「真空パックに入れて冷凍」しましょう。

また、里芋はポリフェノールを含んでいるのですが、主に皮の部分に集中して含まれています。
効率よく皮を食べるには、皮に付いている根の部分は削ぎ落として、残った部分を食べるといいでしょう。

里芋は芋類なので、炭水化物が豊富に含まれています。
食べ過ぎてしまうと肥満の原因になってしまいますが、ご飯の量を減らして里芋を食べればベストな炭水化物量になります。
ダイエット中の人は「ご飯の変わりに里芋を食べる」置き換えダイエットがおすすめです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加