里芋の英語

このエントリーをはてなブックマークに追加   

里芋を英語でいうと何?
英語名と発音について

里芋って英語に出来るの?
その綴りや発音は?

芋は英語でポテト(potato)です。
つい最近まで、一部の英語圏ではサツマイモやジャガイモ、里芋など、全て芋を総称して「ポテト(potato)」と呼んでいました。
これには何か理由があるのでしょうか?

現在では、分類され里芋やサツマイモにも英語名が付いています。
それでは、里芋は英語でなんと言うのでしょうか?

また、発音なども解説します。
普段あまり里芋の英語名は耳にしないので、英語が得意な人も分からない人が多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

里芋の英語名が知られていない理由とは?


アジア圏では里芋を始め、様々な芋類が食べられていますが、英語圏で食べられている芋類といえば、ほとんどがジャガイモです。
次に食べられている芋は、サツマイモ(sweet potato)と言われています。

里芋の英語名が浸透していない理由は、英語圏での里芋の消費量の低さです。
食文化が広まった今でも、里芋を食べた事のない外国人は大勢います。
それでは、里芋の英語名を解説していきます。

里芋の英語名は聞いたことのある可愛い名前?

里芋の英語名は、「taro」と言います。
これをカタカナ読みにすると「タロ」です。
日本には「タロイモ」というサトイモ科の芋があるのですが、これは英語の「タロ」が由来しています。

英語圏では、里芋もタロイモも一緒に呼んでいます。
日本では呼び分けがされていますが、あまり里芋を食べない英語圏にとっては、分別する必要がないのでしょう。

アジアで食べられている
  • 「エグイモ」
  • 「カラノイモ」
  • 「タケノコイモ」
なども英語で「taro」と総称されます。

スポンサーリンク

人名みたいな単語なので、発音は間違えやすい!

「taro」という英語は、「タロ」「タロウ」と発音してしまう人も多いと思います。
正しい発音法は、「ta」と「ro」を区切って発音するようにしましょう。
「ta」は「タァー」と伸ばし気味で発音し、「ro」は「ロォウ」と最後に止めましょう。
ローマ字で表記すると「tar-rou」と読むと良いでしょう。

里芋の起源とは?
「taro」って元々何語なの?

「taro」という英語の語源は何でしょうか?
これは、元々英語ではなく、ポリネシア語だと言われています。
それが、そのまま形を変えず英語として定着しました。

最後に里芋を使った料理「里芋の煮っころがし」は、英語名を紹介します。

里芋の煮っころがしは、二つ呼び名があります。
  • 「simmered taro(シマードタロ)」
  • 「taro tumbles(タロ タンブルス)」
の2つです。
simmeredは、トロトロ煮えるという意味があり、tumblesはひっくり返る・転がすという意味があります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加