里芋の赤い筋や斑点

このエントリーをはてなブックマークに追加   

里芋に赤い筋や斑点があるものって食べられる?
気になる赤い線やぶつぶつ

里芋に発生した赤い筋や斑点、赤い線、ぶつぶつは大丈夫なの?
「食材の形や色が普段と違う!」...なんて経験をした事はないでしょうか?
よく聞く例としては、バナナの皮が黒く変色した時などです。
こういった現象には全て理由があり、食べられる場合もありますが、食べられない場合もあるのです。

里芋に赤い筋やぶつぶつ、斑点、赤い線などを見たことはありますか?
これらが発生した里芋は食べられるのでしょうか?

今回は、これらがなぜ起きるのかを解説していきます。

スポンサーリンク

食べ物の色が変わるのは何故?
色素という物質。


ほとんどの食材には、色素が含まれています。
赤い色だったり、緑色だったりと様々です。

普段、発色しないのに、加熱したり冷やしたりすると発色する食材もあります。
エビも茹でると赤い色になりますよね。
それは、加熱により「アスタキサンチン」という物質が表面に浮かぶからです。

里芋が赤くなるのは、ポリフェノールが関係しています。
変色は、里芋の中で何が起きているのでしょうか?

里芋の赤い筋や斑点の正体は栄養素だった?

里芋をカットした時に現れる断面の赤い筋や斑点は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが原因です。
アントシアニンは、主に
  • ブルーベリー
  • 赤シソ
などに含まれている栄養素です。

その効果は、眼精疲労やコレステロール値の正常化などが挙げられます。
里芋の中にも、アントシアニンは含有しているのですが、普段見ることはありませんよね。

では、なぜ急に赤い線やぶつぶつが浮かび上がってくるのでしょうか?

スポンサーリンク

変色した里芋は食べられるのでしょうか?
原因なども解説します。

赤い線やぶつぶつが浮かび上がった里芋は、繊維内のアントシアニンが、「酸化」している状態です。
酸化とは、つまり傷みかけている状態です。

食べられるのですが、食感や鮮度がかなり落ちてしまっています。
原因は適温下で保存しなかった、賞味期限が切れているなどが挙げられます。

また、例外的に栽培環境が悪く、元から繊維が変色している「乾腐病」の可能性もあります。

里芋の変色を防ぐために行う事とはなんでしょうか?

白い芋類が赤く変色するのは、傷みかけのサインなので、すぐに食べるようにしましょう。
里芋は完全に傷んでしまうと、赤いぶつぶつが全体に広がり、異臭を放ちます。

また、手触りもぐにゃぐにゃになってしまうので、このような状態になった里芋は食べられないので捨ててください。
里芋の酸化を防ぐには、湿気に注意して10℃〜25℃以下のところに保存するようにして下さい。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加